雪国の短い秋は収穫の秋でもある。お米やきのこ、そして新そば。緑色だった山や田んぼは日ごとに秋色に染まってゆく。 そんな旬の食材を気軽に楽しむなら「城内食堂 武火文火」がおすすめだ。地元のお母さんたちが作る料理はどこか懐か

雪国観光圏(※)の2017年11月のイベントをご案内します。お出かけの予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ! ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、津南

雪国観光圏(※)の2017年10月のイベントをご案内します。お出かけの予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ! ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、津南

雪国観光圏(※)の2017年9月のイベントをご案内します。お出かけの予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ! ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、津南町

今回の特集は「雪国食文化の教科書」の特集です。 雪国の食文化にまつわる知恵を学ぶため、農業体験ができる農家民宿さんを中心に取材した特集です。 食べ物の生態を知る「生物」、レシピで作る「家庭科」、保存方法を学ぶ「化学」など

夏の魚沼の盆地は暑いが、「魚沼の里」の緑に包まれると涼しさを感じる。時折山筋から流れ来る風が心地よい。 最初に訪れたのは、この4月にオープンした「城内食堂 武火文火」。魚沼の旬な食材を使った料理を味わうことができる。 「

scf(スノーカントリーフリーク)をお読みいただいた方に、毎号読者アンケートを実施しております。下記の必要事項をご記入の上、メール又は官製ハガキでご応募ください(最新号の情報はこちら)。 必要事項 ①どこでスノーカントリ

雪国観光圏(※)内にある飲食店や、料理にもこだわる旅館・ホテルは、気軽に雪国ガストロノミーを味わえる場所でもあります。そんな“ガストロノミーな飲食店&宿”をまとめてご紹介! ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼

雪国観光圏(※)の2017年9月のイベントをご案内します。お出かけの予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ! ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、津南町

雪国観光圏(※)の2017年8月のイベントをご案内します。お出かけの予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ! ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、津南町

Top