いま縄文がアツイ。昨年開催された東京国立博物館の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」は、35万人を超える人々が訪れたという。縄文時代から続く雪国文化を地域の宝だと考える雪国観光圏としてはうれしい限りだ。これを一過性の流行のよ

魚沼盆地の夏は意外に暑い。しかし、ここ「魚沼の里」では真夏でも「雪」を見ることができる。それが「雪室」だ。ここでは1,000トンもの雪でお酒を長期低温貯蔵している。内部の気温も4℃を保ち、暑い夏を一時忘れさせてくれる。「

雪国観光圏(※)の2019年9月のイベントをご案内します。この春のおでかけ予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ。 ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、

雪国観光圏(※)の2019年8月のイベントをご案内します。この春のおでかけ予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ。 ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、

雪国観光圏(※)の2019年7月のイベントをご案内します。この春のおでかけ予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ。 ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、

今年は思いのほか少雪で、雪国の春の訪れは早くやってきた。ここ「魚沼の里」にもまだ、ところどころ残雪は残るが、春の息吹がそこかしこに感じられる。田んぼを流れる雪どけ水の音を聞きながら散策して、いつもより長く楽しめる雪国の春

雪国観光圏(※)の2019年6月のイベントをご案内します。この春のおでかけ予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ。 ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、

雪国観光圏(※)の2019年5月のイベントをご案内します。この春のおでかけ予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ。 ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、

雪国観光圏(※)の2019年4月のイベントをご案内します。この春のおでかけ予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ。 ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、

スキーやスノボで「雪国」に来る人の多くは、スキー場や駅での記憶しかないのではないだろうか?なんと、もったいない!スキー板を外し、ちょっと町に出るだけで違う世界が広がる。雪国の風土、暮らし、そして文化。雪のない都会では想像

Top