YUKIpedia 雪国コトバ図鑑【雪国でよく見る「アレ」なあに?】

作成: 日時: 2019年9月18日
知りたい

世界には5,000以上の言語があると言われていますが、日本語ほどオノマトペが発達している言語は他には見当たらないと言われています。オノマトペとはフランス語で擬音語・擬声語・擬態語のこと。川が「さらさら」流れたり、水が「じゃぶじゃぶ」あふれたり、「ミーン、ミーン」と蝉が鳴いたり…というような表現。自然に関する表現が多いのは1万年以上も自然と共生して暮らした縄文時代の影響かもしれません。民族にとって言葉とはその民族を取り巻く自然、風土、歴史や文化がつまったもの。雪国に暮らす私たちにとって“雪”を表す言葉や表現が多いのは当たり前。そんな言葉を「雪国コトバ図鑑=YUKIpedia」としてまとめました。“言葉”から雪国を巡る旅にでかけましょう。

雪国コトバ図鑑【雪にまつわる言葉図鑑】 こちらへ
雪国コトバ図鑑【雪国でよく見る「アレ」なあに?】 この記事
雪国コトバ図鑑【雪国のくらしをのぞいてみよう】 こちらへ

 

 

雪国でよく見る「アレ」なあに?

雪国を訪れて見かける独特の風景。それらにもひとつひとつ名前がある。昔の人々は情報として記憶し、共有するために自然の情景にコトバをつけていった。雪国を訪れて「?」なものを見かけたら、土地の人に名前を聞いてみるのもいい。自分だけの「YUKIpedia」があなたをますます雪国通にするかもしれない。

 

だいこんつぐら【大根つぐら】

冬期に大根や人参などを保存するための保存庫。この大根つぐらは全て手作業で作られる。稲ワラを筒状に編み込み、ワラでできた蓋をし、保存庫として使う。寒さ厳しい真冬でも大根つぐらの中の野菜は凍ることはない。先人たちの越冬の知恵が詰め込まれている。

 

ゆきかべ【雪壁】

道路側面にそびえる雪の壁。雪国では道路に雪が積もると除雪車が出動し、除雪作業が日常的に行われる。道路脇には雪がどんどん積み重ねられていき、その断面は雪の層が幾重にも重なり、ミルフィーユのようになる。

 

ねまがり【根曲がり】

雪の重みで樹木の根元が曲がるさま。本来、樹木は真っ直ぐ上に伸びるが、雪国の山の斜面などに生える樹木は、雪の重みで根元が押され、曲がって伸びる。腰掛けにちょうど良さそうな形状で、雪国でしか見ることができない。

 

ゆきまくり【雪まくり】

山の斜面や丘陵地帯で稀に見られる自然現象。自然が作る雪だるまとも言われ、木の枝から落ちた雪や、風によってまくり上げられた雪が斜面をころころと転がり、表面の雪を巻き取りながらロールケーキのような形になる。

 

ゆきぼうし【雪帽子】

石などの上に半球状に積もった雪。雪国の河原の石や信号機、地蔵像などの頭頂部によく見られる。当地の雪は水分が多く含まれ、雪同士が密着しやすく自重で崩れにくいため、積もる際に丸みを帯びた形になる。

 

せっぴ【雪庇】

家屋の屋根などからはみ出ている雪。屋根の雪の塊が傾斜でゆっくりと移動しできる。ふんわりとした見た目からは想像もできない程硬く重い。危険なので、雪庇を見かけても絶対にその下を歩いてはいけない。

 

ゆきがた【雪形】

春から夏にかけ、山の斜面に残った雪の形。雪国に春の訪れを告げる風物詩とも言われ、雪解けが始まると残雪と岩肌が入り混じり、残雪が様々な模様や形を見せるようになる。昔はこの雪形を見て農作業の目安にしたり、農作物の豊凶を占ったともされる。

 

ゆきしたにんじん【雪下人参】

秋に採れた人参を冬の間、雪の下で熟成保存し収穫される人参。雪国特有の保存方法で収穫される雪下人参は、とても甘く臭みが無い。雪の中は適度な温度と湿度が保たれ、人参の熟成には最適な環境なのだ。自然環境を上手く利用し、雪国の知恵と文化を交えた最高傑作と言っても過言ではない。