YUKIpedia 雪国コトバ図鑑【雪国のくらしをのぞいてみよう】

作成: 日時: 2019年9月18日
知りたい

世界には5,000以上の言語があると言われていますが、日本語ほどオノマトペが発達している言語は他には見当たらないと言われています。オノマトペとはフランス語で擬音語・擬声語・擬態語のこと。川が「さらさら」流れたり、水が「じゃぶじゃぶ」あふれたり、「ミーン、ミーン」と蝉が鳴いたり…というような表現。自然に関する表現が多いのは1万年以上も自然と共生して暮らした縄文時代の影響かもしれません。民族にとって言葉とはその民族を取り巻く自然、風土、歴史や文化がつまったもの。雪国に暮らす私たちにとって“雪”を表す言葉や表現が多いのは当たり前。そんな言葉を「雪国コトバ図鑑=YUKIpedia」としてまとめました。“言葉”から雪国を巡る旅にでかけましょう。

雪国コトバ図鑑【雪にまつわる言葉図鑑】 こちらへ
雪国コトバ図鑑【雪国でよく見る「アレ」なあに?】 こちらへ
雪国コトバ図鑑【雪国のくらしをのぞいてみよう】 この記事

 

 

雪国のくらしをのぞいてみよう

雪国では雪が降る前の準備が肝心。紅葉の時期には既に冬の支度が始まっている。秋の「雪国らしさ」を探してみよう!

 

らくせつしきやね【落雪式屋根】

勾配を急にし、雪が滑り落ちるように設計された屋根。屋根に登って雪を捨てる「雪おろし」を必要としない。

 

ゆきがこい【雪囲い】

冬の間、家屋や植木を雪の重みから保護する囲い。例年冬が訪れる前に設置される。壁や窓に横木を渡したり、藁や茅で覆ったり、植木の周りに竹を傘状に組む等方法は様々である。

 

かていようじょせつき【家庭用除雪機】

家庭でも手軽に扱えるいわば「小型除雪車」。らせん状の回転刃で雪を掻き取り、遠くに飛ばすタイプが主流。

 

スノーダンプ

一度に多くの雪を運ぶことができる人力除雪用具。プラスチック製のものと金属製の物があり、押し固められて硬くなった雪には後者が使われる。

 

りゅうせつこう【流雪溝】

道路や線路の脇に設けられた雪の投入口。流水の力で雪を運搬する。投入口までは人力で雪を運搬する。除雪時以外は人が落下しないよう蓋を締める。

 

しょうせつぱいぷ【消雪パイプ】

道路の中央に敷かれた雪を融かす設備。地下からの水による噴水で雪を消す。他にも地面に電線や温水を通したパイプを這わせる、ロードヒーティングによる融雪方法もある。

 

じょせつしゃ【除雪車】

道路や線路の積雪を取り除く装置を備えた車両。雪を掻き分けたり遠くまで飛ばしたりすることで通行が可能となる。

 

たてがたしんごうき【縦型信号機】

赤・黄・青のランプが縦に並んだ信号機。全国的には横型が主流であるが、雪が積もるとランプが見えなくなるため積雪面積の少ない縦型の信号機が誕生した。

 

ゆきむろ【雪室】

冬期に積もった雪を夏まで貯蔵する施設。雪を利用して天然の冷蔵庫を作り出し、食料貯蔵や冷房などに使われている。