ひとり、旅へ【自分と向き合う旅】

作成: 日時: 2020年4月2日
行きたい

国内旅行でひとり旅が増えているという。誰かと予定を調整する必要もないし、思い立ったら旅に出るという気軽さがいいのかもしれない。神経をすり減らす日常から、ひととき脱出したいのかもしれない。ひとり旅に求めるものは人それぞれちょっとずつ違うようだ。ある人は、ひとりになる時間が欲しいと願い、その逆に旅先での新たな出会いを楽しみにしている人もいるだろう。

そこで今回の特集では、3つの切り口でひとり旅を紹介することにした。雪国観光圏の観光協会メンバーと「雪と旅」編集チームが共同して選りすぐった、おすすめの過ごし方を紹介しよう。

ひとり、旅へ【自分と向き合う旅】 この記事
ひとり、旅へ【出会いや交流を楽しむ旅】 こちらへ
ひとり、旅へ【自分へのご褒美の旅】 こちらへ
ひとり、旅へ【旅プラン8選】 こちらへ

 

ひとつめは、「自分と向き合う旅」。忙しい日常から抜け出して、自分のペースでゆっくり過ごしながら、心身ともにリフレッシュして欲しい。

早朝魚沼盆地を見下ろす高台に上がって雲海を眺めた。ふわふわの雲のじゅうたんが目の前に広がる幻想的なシーンに、朝の冷気とも相まって心が洗われていく。「南魚沼雲海ハント」のホームページでは雲海スポットや予報を定期的に配信している。(https://unkai-hunt.jp/)

旅をすることほど〝自分とは何か?〟を感じさせてくれる行為はないだろう。普段とは異なる場所や異質な文化に触れることで、否が応にも自分の住んでいる地域や自分の生き方・暮らし方を考えざるを得ないからだ。また一人になることも自分と向き合うには不可欠な行為だ。北極探検で有名なノルウェーの探検家フリチョフ・ナンセンは「人生において、一番大切なことは自己を発見することである。そのために一人きりで静かに考える時間が必要だ。」と語ったという。人には自分と向き合う孤独の時間が必要なのだろう。そう考えると「旅」と「一人」を組み合わせた「一人旅」とは自分と向き合う最高のタッグといえる。

大自然の中で山や森を一人歩くと自然の力に癒されるとともに、自らもリフレッシュしていく気がする。さらに集中して自己を振りりたい人には山里の古刹で坐禅や写経体験なんてのもいいかもしれない。雑念を取り払い、無のスペースを心の中に作ることが大切なのだ。

常に何かとつながっている息苦しさを感じる現代。自分を振りかえる一人旅の時こそ、スマホの電源を切って、孤独と自由を楽しみたい。旅が終わった頃にはカラダもココロも整えられ、生まれ変わった自分にきっと気づくだろう。

 

間の豊かさを味わう

目的地だけをあくせく回る旅ではなく、一人旅ではそこへ行く道のりもかみしめるように味わいたい。JR只見線や飯山線といったローカル線にのんびり乗る各駅停車旅もいいものだ。車窓から流れる景色を眺めていると気持ちまでニュートラルになっていく。電車の揺れや時折聞こえる方言も心地よい。徒歩やレンタサイクルで地域をゆっくり回る旅もおススメ。一人旅だからこそできる贅沢な旅の時間の過ごし方だ。

 

心を鎮めるひととき

有名な観光地には人が多いものだが、雪国観光圏はまだそれほど混んでいないところも多く、ゆっくりと静かな時間を過ごしたい旅人には最適だ。南魚沼市の古刹「雲洞庵」は戦国時代の上杉家ゆかりのお寺としても有名だ。参道の石畳の下には、一石一字ずつ法華経があり、この石畳を踏みしめてお参りすると、罪業消滅・万福多幸の御利益に預かるという。また「関興寺」「龍澤寺」(いずれも南魚沼市)、「永林寺」(魚沼市)、「嶽林寺」(みなかみ町)などでは坐禅や写経体験も行っている。谷川岳ヒーリングツアー(みなかみ町)もいい。

 

自然と一体になる

大自然の中にいると自分の存在が小さく感じて、些細な悩みなど消し飛んでしまう。湯沢町の苗場ボードウォークは気軽に自然が楽しめる場所だ。住民と観光客がボランティアで作った木の歩道をゆっくり歩くと自然と一体になっていく。山々に囲まれた雪国観光圏の新緑がすがすがしい山や森を歩きながら一人自分との対話をする時間を過ごしたい。