ひとり、旅へ【出会いや交流を楽しむ旅】

作成: 日時: 2020年4月2日
行きたい

国内旅行でひとり旅が増えているという。誰かと予定を調整する必要もないし、思い立ったら旅に出るという気軽さがいいのかもしれない。神経をすり減らす日常から、ひととき脱出したいのかもしれない。ひとり旅に求めるものは人それぞれちょっとずつ違うようだ。ある人は、ひとりになる時間が欲しいと願い、その逆に旅先での新たな出会いを楽しみにしている人もいるだろう。

そこで今回の特集では、3つの切り口でひとり旅を紹介することにした。雪国観光圏の観光協会メンバーと「雪と旅」編集チームが共同して選りすぐった、おすすめの過ごし方を紹介しよう。

ひとり、旅へ【自分と向き合う旅】 こちらへ
ひとり、旅へ【出会いや交流を楽しむ旅】 この記事
ひとり、旅へ【自分へのご褒美の旅】 こちらへ
ひとり、旅へ【旅プラン8選】 こちらへ

 

ふたつめは、「出会いや交流を楽しむ旅」。ひとり旅ならではの自由さをいかして、偶然の出会いを楽しむ。そこにしかない本物の暮らしに出会い、地元住民との会話に癒される。春の雪国に飛び込んで、都市の日常とは異なるゆったりとした時間を感じてみて欲しい。

ちょっと前までは若い女性の一人旅っていうと傷心旅行のようで、周りの人からいぶかしい目で見られることもあった。しかし〝おひとり様〟という言葉が一般化しているように一人でいることが当たり前になった現代。奇異の目で見られる心配もない。それこそ一人だと、周りの人から声を掛けられやすいものだ(良い意味で)。また、自分も一人で心細いし、知り合いもいないので、かえって積極的に見ず知らずの土地の人に声を掛けてしまったりする。

こんな時ほどいわゆる観光スポットではなく、ローカルの人が集まる場所に足を運びたい。きっとローカルの人は旅人が一人だとわかると、気を遣ってあれこれ親切にしてくれるだろう。お茶を出してくれたり、漬物をすすめてくれたり。帰る頃にはお土産まで渡されたり…。彼ら彼女たちの口からほとばしる地元の自慢話は尽きることはなく、ウェブサイトやガイドブックでは決して知ることのできない情報を得ることができる。珍しい食材のことや隠れた名所、地元の昔話まで。

また、偶然の出会いもいいけれど、現地で交流を進める体験プランもあるので参加してはどうだろう。そういったツアーには一人の旅行者の参加も多く、一人旅同士で意気投合するなんてこともあるかもしれない。旅先で知り合ったたくさんの笑顔は旅の思い出となって、帰った後も時折胸の奥をほんのり温かくする。

 

 

雪国の人と出会う

 

[専属ガイド付き十日町の居酒屋巡りツアー]

新潟県十日町市の隠れた居酒屋やバーを飲み歩き!美味しい料理を楽しみながら、ローカルガイドからネットや本には載らない楽しい耳寄りな話を聞いたり、お店の人や偶然一緒に参加するゲストと仲良くなったり、楽しみは盛りだくさん!
お問合せ:株式会社 HOME away from HOME Niigata
info@homehome.jp

 

[農家民宿 茅屋や(かやや)でジビエ料理を楽しむ]

山の中にひっそりと建つ茅葺きの民宿。女将さんが狩猟の資格を持ち、ジビエ料理が楽しめる。狩りの話を聞きながら雪国の自然や動物の不思議を聞くとことができるかも。畑や田んぼでの農業体験、山の中での自然観察、豪雪の雪国体験など体験プランもある。要予約でランチも営業。
お問合せ:農家民宿 茅屋や(TEL 025-755-5676)
https://tokamachi-kayaya.com/

 

[たくみの里]

みなかみ町の「たくみの里」では暮らしのなかから生まれた昔ながらの手づくりの技を学べる様々な体験教室を開催している。陶芸、木工、ドライフラワーや草木染などを自分の趣味に合わせて学ぶことができる。作りながら店主や参加者とも話が弾む。
お問合せ:たくみの里総合案内所 「豊楽館」(TEL 0278-64-2210)

 

 

雪国の文化と出会う

 

[土間クッキング]

ryugon(南魚沼市)の山門をくぐった雁木内にあるのが“土間スペース”。宿泊者対象に地元のおばちゃんと地元の食材を利用した郷土料理作りが楽しめる。作った料理を食べながらの会話も楽しい。
お問合せ:ryugon(TEL 025-772-3470)

 

[名物ガイドと行くお手軽山菜採り]

地元の名物ガイドと行く雪国の春の風物詩“山菜取り”。雪のおかげでアクが少ない山菜をガイドの案内で収穫体験。お昼は採った山菜をてんぷらやおそばでいただきます。山菜の料理ポイントも教えてくれる!4月18日~6月30日まで開催。
お問合せ:雪国観光舎(TEL 025-785-5353)

 

[南魚沼市観光ガイドの会による天地人ガイドツアー]

南魚沼市を訪れたお客様に、歴史・文化・自然を正しく楽しく理解していただき、観光の発展に寄与する目的で設立された南魚沼市観光ガイドの会。「天地人ガイドの会」の愛称で親しまれています。地元ボランティアガイドによる史跡・観光ガイドは7コース。お一人様でも参加できる。
お問合せ:南魚沼市観光協会(TEL 025-783-3377)

 

 

雪国の暮らしと出会う

 

[つむぎ通り軽トラ市]

5月〜11月の第1日曜日に南魚沼市塩沢駅前のつむぎ通りで開催される。軽トラ50台の上には地元のとれたて農作物やお菓子・織物などの工芸品など盛りだくさん。地元民に交じりながら、地元の食や暮らしを知る。
お問合せ:塩沢商工会(TEL 025-782-1206)
http://tsumugidoori.o-mec.com/

 

[六日町温泉朝市]

5月3日〜10月25日(日曜日)の毎週日曜日、朝6時から8時に銭淵公園入口駐車場(南魚沼市坂戸)で開催される朝市。温泉宿泊者だけでなく、旅行者、地元民にも大人気で、地元農業生産者と直接触れ合えるこの朝市は、季節の山菜や朝収穫した新鮮野菜、手作りパン、たい焼き、赤飯、花、舞茸などが販売される。
お問合せ:六日町温泉朝市の会(代表 石澤)(TEL 025-783-3292)