“雪国A級グルメ”とは、「気候風土にあった昔からの食が失われつつある中、その食文化を守り、次代に残して行こう」という雑誌「自遊人」編集長の岩佐十良氏の呼びかけに賛同した雪国観光圏内の旅館・ホテル、飲食店、そしてお土産など

夏の魚沼の盆地は暑いが、「魚沼の里」の緑に包まれると涼しさを感じる。時折山筋から流れ来る風が心地よい。 最初に訪れたのは、この4月にオープンした「城内食堂 武火文火」。魚沼の旬な食材を使った料理を味わうことができる。 「

scf(スノーカントリーフリーク)をお読みいただいた方に、毎号読者アンケートを実施しております。下記の必要事項をご記入の上、メール又は官製ハガキでご応募ください(最新号の情報はこちら)。 必要事項 ①どこでスノーカントリ

雪国観光圏(※)内にある飲食店や、料理にもこだわる旅館・ホテルは、気軽に雪国ガストロノミーを味わえる場所でもあります。そんな“ガストロノミーな飲食店&宿”をまとめてご紹介! ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼

キャンペーン参加店の雪国A級グルメを楽しんでいる写真や写真付感想を、ハッシュタグと一緒にFacebook、Twitter、インスタグラムに投稿しよう!抽選で「雪国A級グルメ食事券や物産」が合計50名様(予定)に当たります

scf(スノーカントリーフリーク)をお読みいただいた方に、毎号読者アンケートを実施しております。下記の必要事項をご記入の上、メール又は官製ハガキでご応募ください(最新号の情報はこちら)。 必要事項 ①どこでスノーカントリ

雪国観光圏(※)内にある飲食店や、料理にもこだわる旅館・ホテルは、気軽に雪国ガストロノミーを味わえる場所でもあります。そんな“ガストロノミーな飲食店&宿”をまとめてご紹介! ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼

雪国の春は格別だ。山菜を採りに山に入ると、いつもと違った空気につつまれて身も心もすっきりしている自分に気づく。ダイニングでは、さっき採ったばかりの山の恵みをシェフが洗練された料理として魅せてくれる。ふだんの自分とは遠く離

雪国の春は格別だ。山菜を採りに山に入ると、いつもと違った空気につつまれて身も心もすっきりしている自分に気づく。ダイニングでは、さっき採ったばかりの山の恵みをシェフが洗練された料理として魅せてくれる。ふだんの自分とは遠く離

雪国の春は格別だ。山菜を採りに山に入ると、いつもと違った空気につつまれて身も心もすっきりしている自分に気づく。ダイニングでは、さっき採ったばかりの山の恵みをシェフが洗練された料理として魅せてくれる。ふだんの自分とは遠く離

Top