秋の稲穂と第二浩和蔵   一面に広がる稲穂が首(こうべ)を垂れる頃、秋が来たな、と実感する。 「魚沼の里」の各飲食店でも秋の味覚を様々提案している。なんといってもこの時期のオススメは〝新米の魚沼コシヒカリ〟。「

  ごはん道【01】こちら ごはん道【02】こちら ごはん道【03】この記事     今から18年前の2004年1月、私たちは東京・日本橋から新潟・南魚沼に会社ごと移転した。ライフスタイル雑

  ごはん道【01】こちら ごはん道【02】この記事 ごはん道【03】こちら   おいしいお米ができるには、 おいしい歴史があるはずだ。   コシヒカリが日本一になるまでの歴史  

ごはん道【01】この記事 ごはん道【02】こちら ごはん道【03】こちら     おいしいお米ができる理由を知るべし 新潟県は日本一の米どころ。その中でも魚沼コシヒカリはトップブランドとして誰もが知る

今回の特集は「ごはん道」 秋を迎え雪国観光圏は稲穂の黄金色一色に覆われています。今回の特集は「ごはん道」と題し、 新米のおいしい時期にピッタリの特集です。 ぜひ本誌を片手においしいごはんを食べる旅にお出かけください。 <

魚野川の川べり「泉」と呼ばれる場所に「八海山泉ヴィレッジ」はある。その地名通り清らかな水が湧き出る森と水に囲まれた静寂な土地だ。霊峰八海山の頂に源を発する雪解け水がなだらかな扇状地を伏流し湧き上がったものだ。 「泉ガーデ

「魚沼の里」の奥の方にひっそり佇む古民家風の建物、そこが「そば屋 長森(ながもり)」だ。低いくぐり戸をしゃがんで通り、昔ながらの広い土間に足を入れる。 中に入ると、囲炉裏のある板の間、太い梁と高い天井…聞けば、古民家を移

  冬は日本酒造りの最盛期。八海醸造の第二浩和蔵もこの時期大忙しの毎日だ。 その八海醸造が運営する「魚沼の里」がある雪国・魚沼は、昔ながらの生活の知恵として発酵の伝統文化を活かし、受け継ぎながら、季節の移り変わ

緑に囲まれた「魚沼の里」は広大な敷地に酒蔵、雪室、レストラン、 クラフトビール醸造所、ショップなど、多くの施設が点在している。見どころある施設が多く、ゆっくりと全部はむずかしい。 なので、今回は「半日プラン」として編集部

魚沼の里に広がるひまわり畑。8月中旬が見頃。   「さとや」の新商品は店前に広がる四季折々の風景が心を和ます「雪花(ゆきはな)の丘」をイメージ。塩こうじのほのかな塩味と国産よもぎの豊かな香りが上品なおいしさを醸

Top