【雪国ガストロノミーの楽しみ方】採って、作って、食べる 〜山菜料理を作る編〜

作成: 日時: 2017年4月14日
やりたい 行きたい 食べたい

【雪国ガストロノミーの楽しみ方】採って、作って、食べる

雪国の春は格別だ。山菜を採りに山に入ると、いつもと違った空気につつまれて身も心もすっきりしている自分に気づく。ダイニングでは、さっき採ったばかりの山の恵みをシェフが洗練された料理として魅せてくれる。ふだんの自分とは遠く離れて、採って、作って、食べる。地の恵みを五感で感じる旅をご案内します。

採って、作って、食べる 〜山菜を採る編〜 こちらへ
採って、作って、食べる 〜山菜料理を作る編〜 この記事
採って、作って、食べる 〜山菜を食べる編〜 こちらへ

 

 

採ったら、作る。これ新常識

籠にいっぱい食べる分だけ、雪国のめぐみを宿に持ち帰る。ダイニングにざざっと広げて、仕分けをするひととき。地域をよく知る案内人から収穫した山菜の食べ方や、植物のこと、土地ではどんな風に食べられてきたのかなど、エピソードを交えて教えてもらう。すぐ隣のオープンキッチンでは、新鮮な素材をシェフが手ぐすねをひいて待っている。採って、作っての連携プレーは、メモをとるよりも、料理に参加するのが得策。想像を超えるスタイリッシュな料理に、山菜料理の可能性が広がるはずだ。

 

【雪国ガストロノミーの楽しみ方】山菜料理を〜作る〜

まずは採った山菜の下ごしらえ。シェフに教えてもらいながら一緒に楽しく。

【雪国ガストロノミーの楽しみ方】山菜料理を〜作る〜

こごみの下ごしらえ。先端のまるまってるところのゴミを軽く取り除く。

【雪国ガストロノミーの楽しみ方】山菜料理を〜作る〜

水で洗って、土などの汚れも落として…

【雪国ガストロノミーの楽しみ方】山菜料理を〜作る〜

さっと茹でる。

【雪国ガストロノミーの楽しみ方】山菜料理を〜作る〜

時々手に取って、茹で加減を確認。予想以上に短時間で茹で上がる。

【雪国ガストロノミーの楽しみ方】山菜料理を〜作る〜

水で冷やして綺麗に揃えたら、食べやすい大きさに切る。春の味わいまで、あともう少し。

 

 

オススメプラン|雪国ガストロノミーツアー(1泊2食コース)

雪国ガストロノミーツアー

「採る、作る、食べる」が一度に楽しめる体験型ツアー。ガイドと近くの山へ入り山菜狩りを楽しんだ後は、採った山菜を旅館の料理長と一緒に夕食の料理をします。自分で料理した料理をを地酒やワインと一緒にどうぞ。お問い合わせは下記旅館へ。

 

越後湯沢温泉 越後湯澤HATAGO井仙

越後湯沢温泉 越後湯澤HATAGO井仙

温泉宿のくつろぎとホテルの便利さ、気楽さを一緒にしたお宿。館内のいろりでくつろぐこともできる。
新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2455
TEL 0120-850-039
http://hatago-isen.jp

 

採って、作って、食べる 〜山菜を採る編〜 こちらへ
採って、作って、食べる 〜山菜料理を作る編〜 この記事
採って、作って、食べる 〜山菜を食べる編〜 こちらへ

 

 

雪国ガストロノミーツーリズムのご紹介

雪国ならではの食文化と美食を楽しむ旅。採って作って食べる。雪国の食文化をまるごと感じて、洗練された料理で味わう旅はいかがでしょうか?
http://snow-country.jp/?a=model_plan&n=63