一面の雪にすっぽりと覆われた魚沼の里。そこには冬の雪国の「至福のひととき」がぎゅっと詰まっています。 冬の魚沼の里でお土産を探すなら、冬季限定で販売している「八海山 しぼりたて原酒 越後で候(通称青越後)」が最適です。「

雪国観光圏(※)の2018年3月のイベントをご案内します。お出かけの予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ! ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、津南町

雪国観光圏(※)の2018年2月のイベントをご案内します。お出かけの予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ! ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、津南町

scf(スノーカントリーフリーク)をお読みいただいた方に、毎号読者アンケートを実施しております。下記の必要事項をご記入の上、メール又は官製ハガキでご応募ください(最新号の情報はこちら)。 必要事項 ①雪国観光圏を知ってい

雪国観光圏(※)の2017年12月〜2018年1月までのイベントをご案内します。お出かけの予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ! ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯

今回の特集は「お酒めぐり」と題して雪国の食文化の一つのシンボルでもあるお酒の特集です。 雪国の風土から生まれる地酒を巡って雪国観光圏を旅しました。 酒蔵、お酒の体験施設、居酒屋、豪農の館、お土産物店などなどを回り、 地域

雪は美しい、と訪れる人は言います。しかし、ここに暮らす者にとって雪はやっかいなものでした。半年近く雪に覆われるから、越冬のための保存食作りや雪囲いなどの仕事に追われる暮らしでした。つまり、雪が一年の生活の中心だったのです

雪国の短い秋は収穫の秋でもある。お米やきのこ、そして新そば。緑色だった山や田んぼは日ごとに秋色に染まってゆく。 そんな旬の食材を気軽に楽しむなら「城内食堂 武火文火」がおすすめだ。地元のお母さんたちが作る料理はどこか懐か

「山家漬」職人の漬け替え作業を見学をするために、創業百年以上の老舗「今成漬物店」を訪れた。今より二百年も昔に建てられた蔵に入るとひんやりとした空気の中、酒粕の香りがふわっと漂っている。流れるように行われる作業、桶の中に並

雪国の食文化にまつわる知恵を学ぶため、新潟県十日町市にある農家民宿「茅屋や」を訪ねてみた。ここでは、事前予約をすることで様々な農業体験ができ、季節の野菜や果物の収穫など楽しむことができる。今回体験したのは田んぼでのヒエ取