「南魚沼市で雲海が見ることができるってご存じですか?」 そう語るのは南魚沼市の「ホテル木の芽坂」に勤める若井勝也さん。雲海の美しさに魅せられて雲海の情報を発信し続けている。 若井さんにきっかけを聞いてみた。 「5年前ほど

国内旅行でひとり旅が増えているという。誰かと予定を調整する必要もないし、思い立ったら旅に出るという気軽さがいいのかもしれない。神経をすり減らす日常から、ひととき脱出したいのかもしれない。ひとり旅に求めるものは人それぞれち

記録的な小雪だったとはいえ、長かった雪国の冬もようやく終わり、ここ「魚沼の里」にも春が訪れた。黄色く色づいた菜の花畑を散策した後は、ショップでお買い物を楽しんではどうだろう。 ショップでは春限定の食べ物や新しく入った新商

雪国観光圏(※)の2020年6月のイベントをご案内します。この春のおでかけ予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ。 ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、

雪国観光圏(※)の2020年5月のイベントをご案内します。この春のおでかけ予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ。 ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、

雪国観光圏(※)の2020年4月のイベントをご案内します。この春のおでかけ予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ。 ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、

  箕作の道陸神祭り(長野県指定無形民俗文化財) 子どもたちが、手にオンベと呼ばれる顔が描かれた長い棒を持って家々を回る。新婚夫婦のいる家では、嫁に布団をかぶせオンベで背をつつく。婿(夫)は集落の男衆から胴上げ

雪国の行事が冬に多いのはなぜだろう。年取り、正月、若木迎え、小正月、鳥追い、団子飾り、サイの神……春は山菜取りや田植え、夏は農作業、秋は稲刈りや冬への備えなど忙しいからか。それに比べて冬は膨大な静寂の時間が雪国にはある。

雪国の行事が冬に多いのはなぜだろう。年取り、正月、若木迎え、小正月、鳥追い、団子飾り、サイの神……春は山菜取りや田植え、夏は農作業、秋は稲刈りや冬への備えなど忙しいからか。それに比べて冬は膨大な静寂の時間が雪国にはある。

白銀に包まれた「魚沼の里」は年末年始にぴったりのイベントが盛りだくさん。 「つつみや八蔵」では、12/21〜29日、リース作家ひと葉さんによる生の松や自然素材を使ったお正月飾りの展示販売会を開催。一つ一つ異なった手作りの

Top