今回の特集は「雪国ガストロノミーの楽しみ方」の特集です。 “ガストロノミー”とは、B級グルメとは違い、食べ物そのものだけでなく、食べ物が生まれた文化や背景も感じながら食べること。 雪国観光圏の恵まれた自然環境の中で、山や

雪国にはまだ1m以上雪が残っていますが、それでも里の方ではふきのとうが顔を出すようになり、春の訪れを少しずつ感じています。さて、本格的な春の訪れを前に、雪国観光圏のウェブサイトをリニューアルしました。新しくなったウェブサ

今回の特集は「雪国と織物」と題して、当地で盛んな織物の特集です。 当地では昔から織物が産業として発展してきました。 それには「雪」と深い深い関係があったのです。 そんな、雪国と織物の関係を紐解く特集です。  

雪国の晩秋は、冬支度の季節。雪に備えて野沢菜を漬けるのも大事な仕事です。仕事のあとは地域のかあちゃんといっしょに、お茶のみ話に花を咲かせる。特別なことはなにもないけど、なんだか豊かな時間がある。そんなプログラムを紹介しま

「バンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル」とは、世界有数の山岳フェスティバルの1つ。9日間にわたるバンフでのイベントに加えて、南極大陸を含めた全大陸をめぐるワールドツアーで、年間840回を超える上映回数を誇り、クライ

今回の特集は「囲炉裏時間」と題して、今では珍しくなってしまった囲炉裏の特集です。 今ではすっかり見かけることのできなくなってしまった囲炉裏。 雪国では、囲炉裏は生活の中心でした。 暖をとったり、煮炊きをしたり、食事をした

八海醸造株式会社が運営する「魚沼の里」敷地内には「八海山」の醸造蔵やそば屋や菓子処、売店などが点在し、雪国の暮らしや食文化に触れることができる。特にその中心的存在である「八海山雪室」は1,000トンもの雪を貯蔵し、日本酒

今回の特集は「雪国の水をめぐる40のこと」と題して、水の特集です。 冬の豪雪はこの地域に清冽で大量の水という恩恵をもたらせてくれます。水は、古来自然や景観はもちろんのこと、農業や生活や文化までもこの地に深く影響を与えてき

「スノーカントリーフリーク(scf)・vol.16(2016 Summer)」におきまして、記載に誤りがありました。 正しくは以下の通り訂正して、お詫び申し上げます。   ○P13 18番 七ツ釜フィッシングパ

山菜は少しは知っているけど、山菜を食べるだけという方に、もっと山菜を知ってもらおうと企画されたのがこのツアー。 その名も「山菜をとことん知る山菜合宿」。1泊2日で越後湯沢温泉の旅館に宿泊しながら、山菜をすべてを知る、山菜

Top