YUKIpedia 雪国コトバ図鑑【雪にまつわる言葉図鑑】

作成: 日時: 2019年9月18日
知りたい

世界には5,000以上の言語があると言われていますが、日本語ほどオノマトペが発達している言語は他には見当たらないと言われています。オノマトペとはフランス語で擬音語・擬声語・擬態語のこと。川が「さらさら」流れたり、水が「じゃぶじゃぶ」あふれたり、「ミーン、ミーン」と蝉が鳴いたり…というような表現。自然に関する表現が多いのは1万年以上も自然と共生して暮らした縄文時代の影響かもしれません。民族にとって言葉とはその民族を取り巻く自然、風土、歴史や文化がつまったもの。雪国に暮らす私たちにとって“雪”を表す言葉や表現が多いのは当たり前。そんな言葉を「雪国コトバ図鑑」としてまとめました。“言葉”から雪国を巡る旅にでかけましょう。

雪国コトバ図鑑【雪にまつわる言葉図鑑】 この記事
雪国コトバ図鑑【雪国でよく見る「アレ」なあに?】 こちらへ
雪国コトバ図鑑【雪国のくらしをのぞいてみよう】 こちらへ

 

 

雪にまつわる言葉図鑑

 

しみわたり【凍み渡り】

凍った雪の上を歩くこと。雪国の初春の楽しみ。雪国も春が近づくと放射冷却で朝はぐっと冷え込む。すると積もっている雪が冷え込むことで固まり、埋まることなく雪上を歩くことが可能になる。普段は歩けない場所もすいすい歩くことができるので、子どもたちはその時期を楽しみにしていた。『十日町市史資料編8民俗』(1995)によると、「しみたかほい しみねかほい しみたしみた ほーいほい」「しみたかほーい しみねがほーい」などと歌いながら走り回ったという。

 

ゆきさらし【雪さらし】

「雪さらし」とは、織り上げた布を雪原の上に広げて日光にさらすこと。「越後上布」の生産には欠かせない工程である。日光の熱で雪が融ける時に「オゾン」という気体が発生する。このオゾンは布の繊維を白くする働きが強く、布がいっそう白くなる。「越後上布」は特に細い糸を使う。雪国は雪のおかげで空気に適度な湿り気があり、糸が切れにくいため、織物づくりにとても適した土地なのである。

 

ゆきほり【雪掘り】

除雪のことを一般的には「雪かき」と言うが、豪雪地帯の雪国観光圏では「雪掘り」と呼ぶことがある。当地では屋根よりも高く雪が積もってしまうことがあり、そういった場合は「家を掘り起こす」ことになる。そこから雪を“掘る”という言葉が自然に生まれ、使われているのである。道に積もった雪が軒より高い時はそれを掘り下げる。その雪もまた積み重なって高くなると、片付けて運び棄てる。

 

どかゆき【どか雪】

一度に大量の雪が降ること。大雪が珍しくない雪国観光圏でも2~3時間で50センチの雪が積もったり、何日も大雪が降り続いたりすることがある。雪が降るたびに融けることなく積もっていく。そのような「どか雪」の時には除雪した鉄道路線や道路、建築物の屋根は雪に埋もれてしまう。北陸地方では12〜1月の期間に「どか雪」が降ることが多い。

 

はっこい

「冷たい」の意味。「冷やっこい」がなまったものと思われる。体の芯から“冷たい”と感じるようなかなり冷たく感じた時に使う。例えば背中に雪が入ったり、長靴の中に雪が入ったりした時に使用する。雪で衣類や肌が濡れたままの状態にしておくと、水分が蒸発する際に急激に皮膚の温度が下がる。これによってしもやけが起こってしまう。「はっこい」を使う場面になったら、身体を拭いたり着替えたりしてしもやけを防ぐ。

 

ほんやらどう【ほんやら洞】

雪で作った洞のこと。一般的には“かまくら”と呼ぶが雪国観光圏の一部の地域では「ほんやら洞」と呼ぶ。
魚沼地域では小正月に「鳥追い」という田畑を鳥の被害から守るための行事が行われる。「ほんやら洞」という名称は鳥追唄の掛け声「ほんやら、ほんやら、ほ~い、ほい……」から付けられたとされる。子どもたちはほんやら洞を作り、その中で鳥追いの歌を歌ったり、餅を焼いて食べたりして楽しむ。

 

しんしん

雪が絶え間なく降る様子。雨と違い雪は音をたてずにひっそりと降る。そんな気配を人は音もないのに「しんしん」という言葉で表現する。冬の夜、「しんしん」と雪が降ると、翌朝は一面の銀世界だった……ということも多い。「深々」「沈々」とも書く。

 

ずぼる

雪の中に足が埋まった状態を言う。雪道を歩く時、他に人が歩いた後は雪が踏み固められているので、「ずぼる」ことはないが、一歩踏み間違えると膝まで「ズボッ」と埋まってしまうのである。そんな時は、長靴の中まで雪が入ってしまうこともままある。

 

ゆきんこ【雪ん子】

子どもの姿の雪の精。転じて現在では「雪を楽しむ雪国の子ども」のことを指す。新潟の民話から「雪童子」とも言う。「雪国に心優しい老夫婦がいた。2人は子どもがいなかったため、寂しさを紛らわすため、雪で子どもを象った人形を作った。するとある時子どもが現れ……。」

 

 

雪国トリビア

 

車を屋外に置いた翌朝はドアが開かない

冬に屋外に車を置きっぱなしにしておくと、車のドアもウィンドウも凍り付いて動かなくなってしまう。特に晴れた日は放射冷却でなおさらだ。そんな時は、石油ストーブの上にのせてあるやかんのお湯を車にかけるのである。

 

雪の多い年は2階の窓が玄関に

積雪量の多い当地では冬になると積雪と屋根から降ろした雪で家の周りが雪で埋まってしまう。そんな時1階の玄関は使えないので、2階の窓が臨時の玄関となる。

 

高床式住宅が多いのは何故?

大雪の時は一晩で50㎝の雪が積もる。そんな翌朝、雪に埋もれた車を出すのは一苦労。そのため雪国には1階を駐車場にした高床式の住宅が多い。荷物の出し入れも降り積もる雪もなんのその。また、住宅空間は2階からとなるため、家の周りにうず高く積まれた雪が採光の障害になることもなく、冬の生活も快適となる。加えて3階建て住宅は床面積を抑えつつ広い家屋にできるという利点がある。そのため固定資産税を抑えられることも高床式住宅が普及した要因に挙げられる。