雪国の春は格別だ。山菜を採りに山に入ると、いつもと違った空気につつまれて身も心もすっきりしている自分に気づく。ダイニングでは、さっき採ったばかりの山の恵みをシェフが洗練された料理として魅せてくれる。ふだんの自分とは遠く離

雪国の春は格別だ。山菜を採りに山に入ると、いつもと違った空気につつまれて身も心もすっきりしている自分に気づく。ダイニングでは、さっき採ったばかりの山の恵みをシェフが洗練された料理として魅せてくれる。ふだんの自分とは遠く離

雪国の春は格別だ。山菜を採りに山に入ると、いつもと違った空気につつまれて身も心もすっきりしている自分に気づく。ダイニングでは、さっき採ったばかりの山の恵みをシェフが洗練された料理として魅せてくれる。ふだんの自分とは遠く離

山菜採りで問題になるのが収穫する場所。せっかく山菜がある場所でも、私有地などの立入禁止区域には入れない…。でも、やっぱり自分で採ってみたい! そんな方にオススメなのが山菜ツアー。ベテランの山菜名人に同行してもらったり、自

雪国観光圏(※)の2017年6月のイベントをご案内します。長い冬を抜けてやってきた雪国の春。お出かけ予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ! ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南

雪国観光圏(※)の2017年5月のイベントをご案内します。長い冬を抜けてやってきた雪国の春。お出かけ予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ! ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南

雪国観光圏(※)の2017年4月のイベントをご案内します。長い冬を抜けてやってきた雪国の春。お出かけ予定は決まっていますか?まだの方はこちらのイベント情報からどうぞ! ※雪国観光圏とは、雪国文化を共有する新潟県魚沼市、南

「雪国の織物を多くの人に見てもらいたい。手に取ってもらいたい。体験して知ってもらいたい。」それは雪国で織物に関わる人々共通の想い。 その想いが形をなしたように、販売店や体験のできる施設が雪国には数多くある。高級品、高価な

雪国の晩秋は、冬支度の季節。雪に備えて野沢菜を漬けるのも大事な仕事です。仕事のあとは地域のかあちゃんといっしょに、お茶のみ話に花を咲かせる。特別なことはなにもないけど、なんだか豊かな時間がある。そんなプログラムを紹介しま

日本三大薬湯の地として知られる松之山温泉。その温泉街に「湯守処 地炉」という、近年移築した古民家があるのを知っていますか?そこではなんと、囲炉裏を囲み、地元食頂きながら、地元民の話を聞く…現代では昔話でしか聞けないような

Top