雪国の短い秋は収穫の秋でもある。お米やきのこ、そして新そば。緑色だった山や田んぼは日ごとに秋色に染まってゆく。 そんな旬の食材を気軽に楽しむなら「城内食堂 武火文火」がおすすめだ。地元のお母さんたちが作る料理はどこか懐か

「山家漬」職人の漬け替え作業を見学をするために、創業百年以上の老舗「今成漬物店」を訪れた。今より二百年も昔に建てられた蔵に入るとひんやりとした空気の中、酒粕の香りがふわっと漂っている。流れるように行われる作業、桶の中に並

雪国の食文化にまつわる知恵を学ぶため、新潟県十日町市にある農家民宿「茅屋や」を訪ねてみた。ここでは、事前予約をすることで様々な農業体験ができ、季節の野菜や果物の収穫など楽しむことができる。今回体験したのは田んぼでのヒエ取

scf(スノーカントリーフリーク)をお読みいただいた方に、毎号読者アンケートを実施しております。下記の必要事項をご記入の上、メール又は官製ハガキでご応募ください(最新号の情報はこちら)。 必要事項 ①どこでスノーカントリ

今回の特集は「雪国食文化の教科書」の特集です。 雪国の食文化にまつわる知恵を学ぶため、農業体験ができる農家民宿さんを中心に取材した特集です。 食べ物の生態を知る「生物」、レシピで作る「家庭科」、保存方法を学ぶ「化学」など

ときには、いつもとは違った景色、いつもとは違った気候の中に身を置いてみたい。いつもと違った文化に触れてみたい。 そんな思いを叶える場所が、東京からわずか70分のところにあります。 食文化と美食を楽しむガストロノミーツーリ

“雪国A級グルメ”とは、「気候風土にあった昔からの食が失われつつある中、その食文化を守り、次代に残して行こう」という雑誌「自遊人」編集長の岩佐十良氏の呼びかけに賛同した雪国観光圏内の旅館・ホテル、飲食店、そしてお土産など

“雪国A級グルメ”とは、「気候風土にあった昔からの食が失われつつある中、その食文化を守り、次代に残して行こう」という雑誌「自遊人」編集長の岩佐十良氏の呼びかけに賛同した雪国観光圏内の旅館・ホテル、飲食店、そしてお土産など

“雪国A級グルメ”とは、「気候風土にあった昔からの食が失われつつある中、その食文化を守り、次代に残して行こう」という雑誌「自遊人」編集長の岩佐十良氏の呼びかけに賛同した雪国観光圏内の旅館・ホテル、飲食店、そしてお土産など

“雪国A級グルメ”とは、「気候風土にあった昔からの食が失われつつある中、その食文化を守り、次代に残して行こう」という雑誌「自遊人」編集長の岩佐十良氏の呼びかけに賛同した雪国観光圏内の旅館・ホテル、飲食店、そしてお土産など

Top