雪国には、多くの種類の織物が存在している。「越後上布」「越後縮」「塩沢紬」「十日町明石ちぢみ」「本塩沢」…これらはそれぞれ独立した製法・技術ではなく、親子のように先にあった織物の技術を受け継ぎ、生まれてきた歴史がある。

「雪国の織物を多くの人に見てもらいたい。手に取ってもらいたい。体験して知ってもらいたい。」それは雪国で織物に関わる人々共通の想い。 その想いが形をなしたように、販売店や体験のできる施設が雪国には数多くある。高級品、高価な

雪国観光圏には織物の技術が磨かれ非常に栄えた歴史がある。「越後上布」「越後縮」「十日町明石ちぢみ」などなど…。しかし、なぜ雪国で栄えたのか。その理由を調べるべく、十日町の織物組合専務理事である佐野良吉さんにお話を伺った。

雪国に点在する織物の産地。いったいなぜ雪国で、織物の産業が根付いたのでしょうか?雪国と織物の関係を探るため、4人のかっこいい織物職人さんに、それら製法から、仕事にかける思いまで、色々とお話を聞いてみました。  

今では、一般家庭でほとんど見かけなくなった囲炉裏。雪国文化の残る雪国観光圏(※)には各地で囲炉裏が現存しており、そこでいろいろな体験ができるんです。囲炉裏を囲んで語り合ったり、囲炉裏で食べたり、囲炉裏で学んだり…。もっと

むかし、山で採ったぜんまいを売り、それで生計を立てるという一風変わった生業があったそうな。ウワサには、ぜんまいを採るためだけに山奥の小屋で何十日も過ごしたとか、ひと春で何百万にもなったとか…!?。 銀山平の奥只見地域で二

忙しい毎日で、あっという間に過ぎる春。旬の山菜で春を感じることができなかった人もいるかもしれません。しかし雪国は別。雪のおかげで山菜の収穫時期が長いんです。   3月、暦の上では春ですが、雪国はまだ真っ白い世界

真冬での食料調達が今よりずっと難しかった時代、雪国で生まれ、育まれていった多種多様な保存食たち。豊かになったこの現代においても、それら保存食を昔ながらの方法で数多く作り続けている人物がいる。“保存名人”に雪国の保存方法を

新潟県と長野県の県境に位置する、津南町結東(けっとう)。除雪体制が整い、冬でも車で行き来できるようになったのは昭和53年。冬期の食料調達には、平場のそれよりもずっと知恵や工夫が必要だったに違いありません。人々は春から秋に

この度雪国観光圏では地域資源に対する理解と掘り起しをして、来訪者のニーズに即した滞在メニューづくり、マーケティングや組織運営等を学び、マネージャー人材の育成のため、以下のとおり1泊2日の合宿形式にて「観光地域づくりマネー

Top