冬は日本酒造りの最盛期。八海醸造の第二浩和蔵もこの時期大忙しの毎日だ。 その八海醸造が運営する「魚沼の里」がある雪国・魚沼は、昔ながらの生活の知恵として発酵の伝統文化を活かし、受け継ぎながら、季節の移り変わ

緑に囲まれた「魚沼の里」は広大な敷地に酒蔵、雪室、レストラン、 クラフトビール醸造所、ショップなど、多くの施設が点在している。見どころある施設が多く、ゆっくりと全部はむずかしい。 なので、今回は「半日プラン」として編集部

「南魚沼市で雲海が見ることができるってご存じですか?」 そう語るのは南魚沼市の「ホテル木の芽坂」に勤める若井勝也さん。雲海の美しさに魅せられて雲海の情報を発信し続けている。 若井さんにきっかけを聞いてみた。 「5年前ほど

雪国の美しい自然。それは、一日の中で様々な顔を見せてくれます。特に美しい時間は必見。しかし見るだけではもったいない。全身で楽しんでみませんか。 【日中編】 こちらへ 【夜編】 こちらへ 【朝編】 この記事  

雪国の美しい自然。それは、一日の中で様々な顔を見せてくれます。特に美しい時間は必見。しかし見るだけではもったいない。全身で楽しんでみませんか。 【日中編】 こちらへ 【夜編】 この記事 【朝編】 こちらへ  

雪国の美しい自然。それは、一日の中で様々な顔を見せてくれます。特に美しい時間は必見。しかし見るだけではもったいない。全身で楽しんでみませんか。 【日中編】 この記事 【夜編】 こちらへ 【朝編】 こちらへ  

今回の特集は「お酒めぐり」と題して雪国の食文化の一つのシンボルでもあるお酒の特集です。 雪国の風土から生まれる地酒を巡って雪国観光圏を旅しました。 酒蔵、お酒の体験施設、居酒屋、豪農の館、お土産物店などなどを回り、 地域

今回の特集は「雪国食文化の教科書」の特集です。 雪国の食文化にまつわる知恵を学ぶため、農業体験ができる農家民宿さんを中心に取材した特集です。 食べ物の生態を知る「生物」、レシピで作る「家庭科」、保存方法を学ぶ「化学」など

「バンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル」とは、世界有数の山岳フェスティバルの1つ。9日間にわたるバンフでのイベントに加えて、南極大陸を含めた全大陸をめぐるワールドツアーで、年間840回を超える上映回数を誇り、クライ

八海醸造株式会社が運営する「魚沼の里」敷地内には「八海山」の醸造蔵やそば屋や菓子処、売店などが点在し、雪国の暮らしや食文化に触れることができる。特にその中心的存在である「八海山雪室」は1,000トンもの雪を貯蔵し、日本酒

Top